成長期の体づくりに!子どもに必要な栄養素がつまったキッズプロテイン「Pia coco」が新発売

成長期の体づくりに!子どもに必要な栄養素がつまったキッズプロテイン「Pia coco」が新発売

毎日勉強やスポーツなどいろいろな習い事に励んでいる子どもたち。疲れて食欲が出ない日もありますよね。そこで今回習い事スクスクが紹介するのは、キッズプロテイン『Pia coco』!子どもの成長に必要な栄養素がつまっており、運動中の水分補給にもプラスしたい成長サポート飲料です。たんぱく質だけではなく不足しがちな野菜・フルーツの栄養も摂取できますよ。

習い事スクスク編集部

習い事スクスク編集部

習い事を多く経験してきたメンバーからなる編集チーム。子育てや受験対策、スポ少コーチに奮闘するママ&パパが、本当におすすめしたい習い事のお役立ち情報をお届けします!

※本ページはプロモーションが含まれます

LINEで送る Facebookでシェア ツイートする

目次

子どもの成長に欠かせない栄養素「たんぱく質」

たんぱく質は炭水化物、脂質とともに体に欠かせない3大栄養素の1つで、筋肉、臓器、皮膚、髪の毛などに必要な栄養成分です。

 

さらに、たんぱく質は体だけではなく脳の働きとも密接に関わっており、大人はもとより成長過程にある子どもにとっては、欠かすことのできない大事な栄養素となっています。

子どもに必要なたんぱく質の量は?

体に必要な栄養素の量は、年齢や性別、体の大きさ、活動量などによって差があります。ですが、成長期の子どもと大人に必要なたんぱく質の量は同じくらいなのだそう。

たとえば6歳~7歳の男の子の場合、たんぱく質の推奨量は1日に「35g」ですが、10歳~11歳になると「50g」まで一気にアップします。(たんぱく質の摂取量は年齢や体重、日常における運動量などで個人差はあります)

 

たんぱく質はさまざまな食材から摂取できますが、上の表を見てみると、卵から摂取できるのは6.3g、ごはんからは3.5g。牛ステーキからは20gのたんぱく質を摂取できますが、毎日ステーキを食べるのは難しいですよね。

 

また、小食なお子さんは一食で十分な量を食べられないこともあるので、食事だけで必要量を摂取するとなると難しいことが分かります。

日々の食事で補いきれない野菜・フルーツの栄養

たんぱく質の他にも、子ども(3歳児~12歳)は1食あたり90g以上の野菜やフルーツを摂取した方がよいと言われています。

90gの野菜・フルーツとは、おおよそトマト半玉、玉ねぎ半玉、みかん1個、キウイ1個ほどになるのだそう。子どものうちは野菜やフルーツなど苦手な食べ物があったり、なかなか思うように食べてくれないという悩みを抱える方もいると思います。

 

またたんぱく質同様、1回の食事で食べられる量が限られる場合もあり、食が細いお子さんの場合はなおさらですよね。

 

こうした場合でも手軽に必要な栄養素を補えるのが、今回紹介するキッズプロテイン『Pia coco』です。

子どもに必要な栄養素をギュッと詰め込んだキッズプロテイン『Pia coco』

キッズプロテイン『Pia coco』はキッズモブ株式会社が独自開発したもので、子どもの成長に必要な栄養素を気軽に補うことができます。運動中の水分補給にプラスして飲むのもよいそうですよ。

 

体にやさしい安心な素材のみで作られ、生産は国内工場、徹底した細菌検査など、良質で安全な品質にこだわっているのだそう。これだけ徹底して品質管理されたものなら、安心して子どもに飲ませてあげられますね。

特徴①1食で8g以上のたんぱく質が摂取できる

1食でごはん2杯(1膳140g)以上のたんぱく質を補えるので、小食のお子さんでも無理なく摂取できます。

特徴②野菜11種類×フルーツ11種類の栄養素が含まれている

1食で、野菜やフルーツを100g以上摂取したのと同等の栄養を摂取できます。

 

【野菜11種類 】
トマト、にんじん、茶葉、ブロッコリー、きゃべつ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、小麦麦芽、きゅうり、アスパラガス
【フルーツ11種類】
ぶどう(白&赤)、グレープフルーツ、オレンジ、ビルベリー、パパイヤ、パイナップル、いちご、りんご、アプリコット、さくらんぼ、ブラックカラント

 

特徴③1日の必要量半分のビタミン+カルシウム+マグネシウムを摂取することができる

食事・間食だけでは不足しがちな栄養素を理想的に補えるよう、 豊富なカルシウム、そのカルシウムの働きを助けるビタミンD、鉄分やビタミンB群といった栄養素まで幅広く配合されています。とくにカルシウムはお子さんの成長のために豊富に配合されているそうですよ。

特徴④毎日飲みやすいやさしい味わい

従来、当たり前のように使われていたや砂糖を一切使わず、天然のいちごと野菜、フルーツのみで味付けをしているのだとか。また、いちごパウダーは2種類を組み合わせることで、いちごの深みをより一層表現しているそうです。

 

さらに、事前に子どもがいる家庭50名に試飲アンケート調査もしており、試食者の9割が「Pia cocoはおいしい」と感じていたとの結果も!試食者の9割から「再度、Pia cocoを子どもに飲ませてあげたい」という声も届いているのだとか。

 

おいしく飲めて、お子さんに必要なたんぱく質や栄養素をばっちりカバーできるなんて嬉しいですね。

キッズプロテインを開発した、キッズモブ株式会社って?

キッズモブ株式会社は、体操教室『LUNA STUDIO』を世田谷区と大田区に4店舗、そのほかダンス教室やヨガなども運営しています。日々子どもたちや親御さんと関わることで「子どもの健康はすべての親御さんの願い」だということを感じていたのだそう。

 

そこで、同社の新事業として「子どもの元気と家族の思いを」をコンセプトにキッズプロテイン『Pia coco』が開発されました。

開発への想い

子どもは大人のように毎日の食事を自己管理はできません。だからこそ、少しでも栄養価が高く、子どもたちの健やかな成長を促す食事を摂らせてあげたいと、日々子どもたちの食について考え、悩むことも多いですよね。

 

毎日3食の食事で必要なだけの栄養が完璧に摂れることが理想と思う方もいると思いますが、家事に仕事に忙しない日々の中で、なかなか難しいのが現実です。また、子どものうちは苦手な食べ物があることも少なくなく、なかなか思うように食べてくれないというような悩みを抱える方もいると思います。

 

そこで「子どもが喜ぶおいしさで、栄養価が高いキッズプロテインを作ることで、子どもとその家族にとっても、明るく豊かな毎日の手助けがしたい。子どもの笑顔をもっと増やす商品を作りたい」という想いから、商品開発を行ったそうです。

 

たんぱく質が不足することで運動能力の低下や、免疫力低下による体調不良、疲労骨折などに繋がる場合もあります。成長期のお子さんが毎日元気に過ごせるよう、食事にプラスして『Pia coco』を取り入れてみるのもよいかもしれません。

こちらの記事も読まれています

おにぎりのマンネリ解消にも!おいしくてジュニアアスリートのパワーにもなる具材を管理栄養士が紹介
スポーツをする子どもにおすすめの食事の献立や補食をプロが解説!
水やお茶だけではダメ?栄養士が教える「子どもの熱中症対策におすすめの水分補給」

当記事の情報は記事の公開日もしくは最終更新日時点の情報となります

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • Instagram

習い事スクスクの最新情報をお届けします