子どもにダンスを習わせたいママパパ必見!習うメリットや教室選びのポイント、気になる月謝の目安を紹介

子どもにダンスを習わせたいママパパ必見!習うメリットや教室選びのポイント、気になる月謝の目安を紹介

子どもにダンスを習わせたいママパパ必見!習うメリットや教室選びのポイント、気になる月謝の目安を紹介

ダンスは、子どもたちに人気のある習い事です。いまや小中学校では必修化されており、子どもの運動神経やリズム感、協調性などを育んでくれます。そこで今回習い事スクスクでは、ダンス教室の特徴やメリット、気になる月謝や保護者の負担などをまとめてみました!お子さんの習い事にダンス教室を検討している親御さんは、参考にしてください。

習い事スクスク編集部

習い事スクスク編集部

習い事を多く経験してきたメンバーからなる編集チーム。子育てや受験対策、スポ少コーチに奮闘するママ&パパが、本当におすすめしたい習い事のお役立ち情報をお届けします!

※本ページはプロモーションが含まれます

LINEで送る Facebookでシェア ポストする

目次

人気の理由は?ダンス教室に通う子どもたち

何歳から子どもにダンスを習わせる?

ダンスは、ジャンルにもよりますが「3歳以上から入会可」としている教室が多くあります。先生の話をある程度理解して体を動かせることが、習い始める目安になるでしょう。

 

習い事スクスクに掲載中の先生にうかがいました!

A先生

A先生

当教室では、3歳から始めるお子さんが多いです。

とはいえ、小学生になってから始めても遅いわけではありません。スタートが遅くてもダンスを好きな気持ちが強ければ、どんどん上達します。子どもが興味をもったときが、始めどきです。

実際に通っている子どもの年齢は?

習い事スクスクが実施したアンケート調査によると、もっとも多かったのが11歳で全体の19%、続いて9歳17%、5歳14%、7歳14%、10歳11%の順でした。

 

小学校の低学年から高学年まで、幅広い年代の子どもたちが通っていることが分かります。

子どもをダンス教室に通わせる理由は?

習い事スクスクが実施したアンケート調査によると……

 

・必修科目になったから。(ママ42歳/子ども10歳)
・リズム感をつけるために。(ママ31歳/子ども10歳)
・子どもの好きを伸ばしたいから。(ママ37歳/子ども9歳)
・運動の基礎が身につきそうだから。(ママ37歳/子ども9歳)
・ダンスを上手に踊れるようになってほしいから。(ママ33歳/子ども8歳)
・体を動かす習い事をさせたかったところ子どもがダンスを習いたいと言い、体験に行ったらよかったから。(ママ44歳/子ども6歳)

 

などの意見がありました。ダンスは、小学生くらいになると子ども自身が「やりたい!」と言って習い始める傾向が高いようです。

【2022年最新】1027人の保護者に聞いた子どもに人気の習い事ランキングTOP10!習い事を選んだ理由も調査
【2022年最新】1027人の保護者に聞いた子どもに人気の習い事ランキングTOP10!習い事を選んだ・・・

子どもが通うダンス教室の特徴

ダンス教室は、運営元によってレッスン内容や頻度、方針などが異なります。習い始める前にしっかりリサーチしておきましょう。

個人運営の教室

・講師によりレッスンスタイルが大きく異なる
・現役のプロダンサーが運営しているスクールもある
・自由度が高く、課題曲をリクエストできる場合もある

大手の教室

・複数のスタジオがあり、指導内容が統一されている。転勤族でも続けやすい
・芸能界と繋がりをもつ教室もあり、テレビや舞台で活躍できる可能性がある

プロ団体付属の教室

・本気でプロを目指す子どもを育成するためにつくられたダンススクール
・所属ダンサーから直接指導を受けたり、間近で演技を見られる機会がある

子どもが始めやすいダンスのジャンル

ダンスは、まずどのジャンルを習うか決めなくてはなりません。教室の見学や体験レッスンで、子どもが一番楽しめそうなジャンルを見つけましょう。

ヒップホップ

・ストリートダンスのひとつ
・決まった型がなく、自由度が高い
・膝を曲げ伸ばしする「アップ」と「ダウン」でリズムをとる

ジャズダンス

・バレエの要素を取り入れている
・体の柔軟性が求められる
・テーマパークのショーなどで踊られていることが多い

K-POPダンス

・テンポよくキレのあるダンスが特徴
・サビの部分は比較的覚えやすい
・最先端のトレンドを取り入れた振り付けが多い

チアダンス

・ポンポンをもって踊る「ポンポンダンス」が有名
・横一列に並び足を上げて踊る「ラインダンス」もチアダンスのひとつ
・チアリーディングのような「バク転」や「組体操」などのアクロバティックな要素はない

ダンス教室の月謝や保護者の負担は?

ダンス教室の月謝の目安は?

ダンス教室の月謝の目安は、週1回のレッスンで6,000~10,000円程度です。発表会のある月は、プラスで参加費や衣装代がかかる場合もあります。

保護者の負担は?

ダンスは、発表会の衣装作りやヘアメイクを保護者で担当することがあります。また、衣装替えの手伝いやステージ移動の付き添いなど当日のサポートを任せられる場合もあり、イベント時は忙しいかもしれません。

 

また、家で練習するときは動画を撮り、振り付けのチェックをしてあげる家庭もあるようです。

子どもがダンスを習う5つのメリット

度胸がつく

ダンスを習っていると、大勢の人の前で踊る機会があります。普段の練習でも、先生や仲間に自分のダンスを見てもらうことは少なくありません。

 

初めは緊張してうまくできなくても次第に度胸がつき、自信をもって踊れるようになるはずです。

協調性が育まれる

基本的にダンスはチームで踊るので、周りと息を合わせることが大切です。自分勝手な動きをしてしまっては、ダンスが成立しません。

 

仲間とコミュニケーションを取りながら協力してダンスを作り上げていくうちに、自然と協調性も育まれていくでしょう。

体力がつく

ダンスは、全身を使う有酸素運動です。よって、持久力や体力アップが期待できます。楽しみながら基礎体力がつくので、成長期の子どもにはまさにおすすめの習い事です。

リズム感が養われる

ダンスでは、リズム感も養われます。リズム感がよいことのメリットは、ダンスの上達スピードが早くなるだけではありません。

 

ダンス以外の運動能力が向上したり語学学習もスムーズに進んだりと、うれしい効果が多くあるのです。

体の柔軟性が高まる

ダンス教室では、レッスン前に入念なストレッチを行うので体の柔軟性が高まります。柔軟性が身につくと、しなやかな動きができるようになるほか日常生活でのケガのリスクも軽減できます。

ダンス教室を選ぶときに確認したいこと

子どもと講師の相性

習い事は、お子さんの性格によって厳しい先生がよかったり褒めて伸ばす先生がよかったりとさまざまです。また手取り足取り教えてもらいたい子もいれば、ある程度自由にさせてもらいたい子もいるでしょう。

 

先生との相性はダンスの上達にも影響するので、体験レッスンに行って確かめておきたいですね。

1クラスあたりの人数

1クラスあたりの人数は5~15人程度が一般的ですが、大手の教室であれば20人以上のクラスもあります。あまりにも人数が多すぎる場合は、個々への指導があまり受けられなかったりスペースが狭く思うように動けなかったりするので注意しましょう。

発表会の有無や頻度

発表会は子どものモチベーションになり、刺激を受けられるよい機会なのであるに越したことはありません。ただし、頻度が高い場合は参加費や送迎など保護者の負担が増えるので、事前に確認しておきましょう。

保護者による練習の見学は可能か

教室によっては、生徒が集中してレッスンを受けられるようにするため保護者は見学できないところもあります。

 

習い事スクスクに掲載中の先生にうかがいました!

A先生

A先生

当教室では、母子分離ができない年齢以外のお子さんは基本的に見学はお断りしていますが、随時発表の機会を設けています。

習う目的と教室の方針が合っているか

たとえば、子どもが「ちょっとやってみようかな」くらいの気持ちなのにプロ育成をメインとした教室に入れてしまったり、覚えるのに時間がかかるタイプなのに進度が早い教室を選んでしまったりすると、長続きしません。

 

「どんな練習がしたいか」「ダンスを習ってどうなりたいか」など、子どもがダンスを習う目的と教室の方針が合っているかは、前もって確認しましょう。

ダンス教室に通う子どもにおすすめのアイテム

ダンスシューズ

ジャズダンスやチアダンスは専用のシューズがありますが、ヒップホップやK-POPダンスは基本的に自由です。ただし、変則的な動作に耐えられるものを選ぶ必要があります。おすすめとされているのは、バスケット、バレーなどの室内スポーツ用シューズやテニスシューズです。

 

走ることを目的に作られたランニングシューズは、ケガの原因になりかねないので避けたほうがよいでしょう。

ダンスを踊る足
ヒップホップダンス向けダンスシューズ人気ラインナップ4選!足元から可愛く!
バレエの白いシューズ
【2024年】おすすめのチアシューズ13選!チアシューズはどう選ぶ?【チアダンス・チアリーディング】

ダンス用Tシャツ

ダンス用のTシャツは動きやすさが大切なので、ゆったりしたものやストレッチ性の高いものがおすすめです。汗もたくさんかくので、吸汗速乾機能の生地を選ぶとよいでしょう。

ポーズを決める男の子
人気のヒップホップダンス用Tシャツ15選!小学生ダンサーにおすすめ
おすすめのTシャツ
ヒップホップキッズダンサーにおすすめのTシャツ5選!かわいい女の子用衣装を厳選

ダンス用パンツ

足にフィットするレギンスタイプやゆとりのあるスウェット、ジャージなど、パンツも動きやすさが重要です。とくにヒップホップやK-POPダンスは、トップスも含めて服装の自由度が高い傾向にあります。

ヒップホップダンスを踊る人たち
女の子用ヒップホップダンス用パンツおすすめ15選!おしゃれに可愛く!

セットアップ

上下そろったセットアップは、簡単にコーディネートが決まりかっこよく見えるのがポイントです。単品でも使えるので、1セットもっていて損はありません。

ダンス練習用スウェットパンツ&上下セットおすすめ20選!キッズに大人気♪

まとめ

  • ダンスは全身を使う有酸素運動。基礎体力アップに効果的
  • まずは教室の見学をして、子どもが興味のあるジャンルを見つけよう
  • 発表会での保護者の役割は、入会する前に確認しよう

 

ダンスは、子どもはもちろん通わせている親御さんの満足度も高い習い事です。体力以外にリズム感や協調性が育まれ、踊れることで子どもに自信もつきます。特別な道具も必要ないため、気軽に始められることも人気の理由です。

 

もし子どもがダンスに興味をもったら、ぜひ近くのダンス教室を見学しに行ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています

【2023年版】1位はダンス!保護者に聞いた満足度の高い「やらせてよかった子どもの習い事」ランキング・・・
入会前に必読!現役ダンス講師が教える!失敗しない子どものダンス教室選び5つのポイント
チアダンス、チアリーディングサムネイル
【チアリーディング・チアダンス】子どもの習い事に選ぶメリット、月謝、特徴まとめ

当記事の情報は記事の公開日もしくは最終更新日時点の情報となります

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • Instagram

習い事スクスクの最新情報をお届けします