エリア・駅

指定なし

変更
ジャンル

ピアノ

変更
対象年齢

指定なし

変更
特徴

指定なし

変更
フリーワード

指定なし

変更

42件中 1〜10件を表示

1〜10 件を表示中(全42件中)

ぴったりな習い事教室を探すためには?
身につく力
コースの内容を確認し、教室に通うことでどんな力が身につけられそうかをイメージしましょう。教室ブログからも、大会・イベント・検定など、教室が何に力を入れているのかが分かります。
先生の人柄
習い事を続けるためには、お子さまと先生の相性はとても重要です。写真や自己紹介文、教室ブログなどから先生の人柄を知りましょう。
通いやすさ
習い事スクスクでは希望の条件や交通手段に合わせ「送迎あり」「駐車場あり」「駅チカ」などの絞り込み検索も可能です。送迎時に駐車場がなく困った経験のあるママパパも安心です。
レッスン形態
お子さまが小さいうちは「親子参加あり」や、先生と1対1でしっかり学びたい場合は「マンツーマン」など、希望のレッスン形態に合った教室を探すことができます。「オンライン」に対応した教室を選ぶことで、自宅にいながら習い事をすることも可能です。

ピアノについて


実際に習わせている親御さんの満足度が、約80%と非常に高いピアノ。子どもの感性や表現力を育む習い事として人気です。一般的には、物事の吸収スピードが早い幼児期(3~5歳)からのスタートがすすめられています。もし、その音を聴いただけで何の音か分かる「絶対音感」を身につけたい場合は、幼児期から習い始めるのがよいそうです。

子どもがピアノを習うメリット3つ
①音感・リズム感が身につく
ピアノを習うと、いろいろな曲を聴いたり演奏したりすることで音感やリズム感が身につきます。このような能力は、ほかの楽器の演奏や歌・ダンスやスポーツなどでも発揮されるでしょう。

②集中力が鍛えられる
ピアノは、楽譜を読みながら両手を動かす必要があります。さらに右手と左手の動きが違うため、弾いている間は必然的に集中せざるを得ません。マルチタスクをこなす力が求められるので、地道に練習を重ねることで高い集中力が養われていくでしょう。ピアノで培われた集中力は、後に勉強や仕事でも活かせるはずです。

③忍耐力が養われる
レベルアップするごとに課題曲が難しくなるピアノ。最初はどうしてもうまく弾けないこともあるでしょう。スランプに陥り練習したくない時期があるかもしれませんが、そのようなときでも努力して乗り越えることで忍耐力が養われていきます。

続いて、ピアノ教室でかかる費用については以下のとおりです。

入会金
約0~10,000円程度

月謝
約5,000~10,000円程度(週1回)
クラスのレベル、個人レッスンがグループレッスンかなどによって、金額に相違があります。

ピアノ教室は、大手音楽教室や先生個人で開いている教室、グループレッスンやマンツーマンのレッスンなど、さまざまなタイプがあります。講師との相性もスキルアップに大きく影響するので、習い始めるときは体験レッスンに行って子どもの性格に合った教室を見つけましょう。