エリア・駅

指定なし

変更
ジャンル

新体操

変更
対象年齢

指定なし

変更
特徴

指定なし

変更
フリーワード

指定なし

変更

4件中 1〜4件を表示

1〜4 件を表示中(全4件中)

ぴったりな習い事教室を探すためには?
身につく力
コースの内容を確認し、教室に通うことでどんな力が身につけられそうかをイメージしましょう。教室ブログからも、大会・イベント・検定など、教室が何に力を入れているのかが分かります。
先生の人柄
習い事を続けるためには、お子さまと先生の相性はとても重要です。写真や自己紹介文、教室ブログなどから先生の人柄を知りましょう。
通いやすさ
習い事スクスクでは希望の条件や交通手段に合わせ「送迎あり」「駐車場あり」「駅チカ」などの絞り込み検索も可能です。送迎時に駐車場がなく困った経験のあるママパパも安心です。
レッスン形態
お子さまが小さいうちは「親子参加あり」や、先生と1対1でしっかり学びたい場合は「マンツーマン」など、希望のレッスン形態に合った教室を探すことができます。「オンライン」に対応した教室を選ぶことで、自宅にいながら習い事をすることも可能です。

新体操について


リボンやフープ、ボールなどの道具を使いながら、音楽に合わせて演技をする新体操。華やかで美しい動きに魅了される子もいるのではないでしょうか。早いと3歳から習える教室もありますが、一般的には先生の指示を理解し始める4~5歳くらいから習い始める子が多いようです。

子どもが新体操を習うメリット3つ
①柔軟性やバランス感覚が養われる
新体操では体のしなやかさが鍛えられ、柔軟性やバランス感覚も養われます。柔軟性やバランス感覚を高めておくことは、ケガのしにくい体づくりに有効です。新体操で培われた身体能力は、将来新体操以外のスポーツをするときにもきっと役立つでしょう。

②表現力が身につく
新体操では、よい演技をするために高い芸術性が求められ、全身を使って音楽の世界観を表現することが大切です。先生から丁寧に指導してもらったり先輩たちの演技を観察したりすることで、少しずつスキルが上がっていき、表現力も身についてくるでしょう。

③協調性が養われる
新体操には、団体競技があります。チームでひとつの演技をつくるためには、協調性がないとうまくいきません。仲間とコミュニケーションをとり、協力しながら日々練習に取り組むことで、子どもの協調性は自然に養われていくでしょう。

続いて、新体操教室でかかる費用については以下のとおりです。

入会金
約5,000~10,000円程度

月謝
約5,000~10,000円程度(週1回)
年齢が上がるにつれて、月謝も上がっていきます。選手育成コースに進むと、費用はさらに高くなるようです。

幼児期ならではの柔らかい体をキープさせたい、バランス感覚を育ててあげたい場合、新体操はおすすめの習い事です。新体操で培われた身体能力は、将来ほかのスポーツでもきっと役に立つでしょう。もし子どもが新体操に興味を持ったら、まずは体験レッスンに行ってみてはいかがでしょうか。