【2024年】おすすめのキッズ用スノーボードヘルメット人気ランキング10選!着用するメリットや選び方を紹介

【2024年】おすすめのキッズ用スノーボードヘルメット人気ランキング10選!着用するメリットや選び方を紹介

ヘルメットをしてスノボーをしている子どもの様子1

銀世界を疾走する感覚が楽しめるスノーボードは、両足を固定するため転倒のリスクがつきものです。安全にスノーボードを楽しむためにも、ヘルメットは必須といえるでしょう。そこで今回習い事スクスクでは、おすすめのキッズ用スノーボードヘルメットの選び方などをまとめました!お子さんのスノーボードヘルメットを探しているママパパは、ぜひチェックしてみてください。

習い事スクスク編集部

習い事スクスク編集部

習い事を多く経験してきたメンバーからなる編集チーム。子育てや受験対策、スポ少コーチに奮闘するママ&パパが、本当におすすめしたい習い事のお役立ち情報をお届けします!

※本ページはプロモーションが含まれます

LINEで送る Facebookでシェア ポストする

目次

スノーボードヘルメットを着用するメリットは?

ヘルメットをしてスノーボードをしている子どもの様子2

日本では、遊びでスノーボードをするときのヘルメット着用率はまだまだ低め。全国スキー安全対策協議会による「2021/2022シーズン スキー場傷害報告書」では、 スノーボードをしている人のヘルメット着用率はわずか19.1%にとどまっています。(引用:全国スキー安全対策協議会

 

しかし、海外ではほとんどの人がヘルメットを着用しており、日本でも頭部を保護するためにヘルメットをかぶる重要性が認識され始めています。

 

ヘルメットを着用するメリットは、転倒や衝突の衝撃から頭部を保護するだけではありません。
保温効果もあるため、寒いゲレンデでも頭が冷えにくくなります。お子さんを怪我から守り、温かく楽しく遊ぶためにも、ヘルメットを用意しましょう。

スノーボードヘルメットの選び方

ヘルメットをしてスノボーをしている子どもの様子3

安全基準をクリアしている

ヘルメットに求められる国際的な安全基準を満たしている商品なら、より安全性が高いといえるでしょう。

 

ヘルメットを選ぶ際の目安になるスノーボードの主な国際的安全基準は以下の2つです。
・ASTM(アメリカの安全基準)
・CE(ヨーロッパの安全基準

 

ヘルメットがASTMかCEの基準を満たしている場合は、内側に表記があるはずなので確認してください。通信販売で購入するときは、製品情報をチェックしましょう。

軽さ

スノーボードでヘルメットを着用する場合、数時間から半日程度はかぶっていることになります。首や肩に負担をかけないように、 なるべく軽いタイプを選ぶとよいでしょう。

フィット感

子どもは成長スピードが速いため、せっかくヘルメットを購入してもすぐに合わなくなってしまう可能性があります。けれども、長く使うために大きめのサイズを買うと、グラグラして気になってしまったり、転倒した拍子にズレてしまったりして危ないですよね。

 

ヘッドサイズ調節機能が付いているタイプのヘルメットは、長く使えてフィットさせることもできるのでおすすめです。

通気性

スノーボードは体全体を使うスポーツなので、意外と体が温まります。とくに子どもは汗をかきやすいため、 通気性がよいベンチレーションシステム付きのヘルメットを選ぶと快適にスノーボードを楽しめるでしょう。

フリースタイルやレースに出場する場合

スノーボードのフリースタイルやレースに出場することを予定している場合は、競技用のヘルメットが必要です。大会で公表されている要件を確認して、基準に沿ったヘルメットを用意しましょう。

スノーボードヘルメットにツバやバイザーは必要?

スノーボードヘルメットはシンプルなツバなし以外にも、ツバが付いたタイプや、バイザーが付いているタイプもあります。それぞれのよい点を把握して、お子さんに合ったタイプを選びましょう。

 

ツバは、雪が降ったときにゴーグルの厚み部分に雪が積もるのを防ぐために付いています。あったほうが便利ですが、ツバなしのヘルメットのほうが主流です。また、ヘルメットの下にツバ付きの帽子をかぶる方もいます。

 

バイザー付きのヘルメットの場合、ゴーグルは不要になり購入するアイテムを減らせます。また、メガネをかけたままヘルメットがかぶれるのも嬉しいポイントです。さらに視界がゴーグルよりも広いため、周囲の様子が確認しやすいという点もメリットといえます。

キッズ用スノーボードヘルメットの平均価格

キッズ用スーボードヘルメットの平均価格

習い事スクスク編集部にて、キッズ用スノーボードヘルメットの楽天市場レビュー順トップ10の平均価格を調べたところ、8,790円という結果になりました。

キッズ用スノーボードヘルメットおすすめ10選

PONTAPES スノーボードヘルメット

PONTAPES(ポンタぺス)

蒸れ防止のベンチレーションやゴーグルストッパー付で、イヤーパットは取り外しが可能。ダイヤルロックシステムを回転させるだけでフィット感を簡単に調節できるのも嬉しいポイントです。ヨーロッパの安全基準「CE EN 1077」に適合。
コストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

カラー 全3色
サイズ S(50~53cm)

安いものは中が雑だがこちらはしっかりとクッションあり良かった

出典:楽天市場みんなのレビュー

SALOMON サロモン スキー ヘルメット キッズ ジュニア

SALOMON(サロモン)

フランスのアウトドアブランド、SALOMONのバイザー付きスノーボードヘルメットです。キッズ向けに超軽量に開発され、簡単に調節できるカスタムダイヤルが付いているのでどんな頭の形にもフィットし安全です。

 

ゴーグルが苦手なお子さんや、メガネをかけているお子さんも快適にスノーボードを楽しめるでしょう。

カラー 全5色
サイズ KS(49~53cm)、KM(53~56cm)、KL(56~59cm)

少し頭が大きめの大柄小4息子にぴったり(余裕なし)でした。来年は無理かも

デザイン良いです、かっこいい。
視野も広く、雪も入ってこなかったようです。鼻が高いわけじゃないですが、ピッタリでした。ほっぺに食い込むこともなし。

良いものだと思います。オススメです。

出典:Amazonレビュー

SWANS ヘルメット スノーボード 23-24 H-451R

SWANS(スワンズ)

日本人の頭の形にフィットするように作られたスノーヘルメットです。
通気性と耐久性に優れていることが特徴です。

カラー 全3色
サイズ S(48-54cm)、M(52-58cm)、L(58-64cm)

小学4年生の息子用に購入。サイズもちょうどよくあと3年位使えそうです。 注文してすぐ受け取れました。量販店には在庫がない状態だったのでとても助かりました!子供も気に入ってくれました!

出典:楽天市場みんなのレビュー

サンドボックス ヘルメット LEGEND SNOW ASIA FIT

SANDBOX(サンドボックス)

スノーボーダーに絶大な人気を誇るブランドSANDBOXのヘルメットです。アジア人の頭蓋骨の形状に合ったフィットパッド付きで、抜群のフィット感。ベンチレーションが上部に付いていて蒸れにくい構造です。ヨーロッパの安全基準「CE EN 1077」を満たしており、JSBAの公認大会で使用できます。

 

軽く衝撃にも強いので、本格的にスノーボード取り組んでいて長時間の練習をするお子さんにおすすめです。

カラー 全13色
サイズ XS/S(55~58cm)、M/L(59~61cm)

かるいです。
黒を買いました。デザインは予想通り、シンプルで気に入っています。とても軽く、かぶっていても、首や肩への負担が少ないように思います。お薦めします。

出典:楽天市場みんなのレビュー

サンドボックス ヘルメット キッズ 2.0 LOW RIDER

SANDBOX(サンドボックス)

SANDBOXでブランドを代表する型「CLASSIC 2.0 ASIA FIT」に付属していたイヤー、ネックパットやゴーグルクリップをなくし、軽量化などの変更を加えた商品です。

 

ツバ付きでおしゃれなヘルメットの代名詞的な型なので、写真映えしそうですね。スノーボード専用ではないため、スケートボード用などと兼用したいという場合にもおすすめします。

カラー 全15色
サイズ S(52~54cm)、M(55~57cm)、L(58~60cm)

デザインも良いし、軽い。
フィット感も調整できるのでかなり良いです。

出典:楽天市場みんなのレビュー

サンドボックス LEGEND LOW RIDER

SANDBOX(サンドボックス)

先に紹介した「LEGEND ASIA FIT」に付いていたイヤーとネックパットやゴーグルクリップをなくし、かぶり心地が軽く柔らかくなるようにEVA素材のソフトコアを使用したタイプです。ベンチレーションを装備し、湿気や熱がこもりにくくなっています。

 

軽いヘルメットを探している人や、スノーボードだけではなくスケートボードなどにも使いたい人にぴったりです。

カラー 全12色
サイズ S(53~56cm)、M(57~60cm)、L(61~63cm)

軽さにビックリ!
軽さに驚きました!
とても気に入りました!

出典:楽天市場みんなのレビュー

HAED スノーボード ジュニア用ヘルメット HELMET MOJO

HAED (ヘッド)

アメリカのスポーツブランド、HAEDのスノーボードヘルメット。2Dフィットというキッズ専用のインナーを採用し、フィット感がよいのが特徴です。ベンチレーション付きで蒸れを軽減してくれます。

 

大人っぽいデザインで価格が抑えめなヘルメットが欲しい人にぴったりです。

カラー 全4色
サイズ XS/S(52~56cm)

満足いくヘルメット
スノーボード用に、小学2年生の息子に購入。
ちょうど良いサイズでした。
作りもしっかりしています。

出典:楽天市場みんなのレビュー

HEAD スノーボード ヘルメット キッズ Y-MAJA

HEAD(ヘッド)

子ども専用インナー「Head 2Dフィット」付きでフィットしやすいヘルメット。保温性が高いがサーマルベンチレーションのおかげで蒸れにくい仕様です。機能と価格のバランスがよい、初心者向けのタイプです。

カラー ホワイト
サイズ S

HEAD スノーボードヘルメット HELMET Y-MAJA VISOR

HEAD(ヘッド)

斜め方向の衝撃を大幅に減少させる「MIPS」という仕様を採用。バイザー付きなので、ゴーグルなしで風や紫外線から目を守ってくれます。メガネをかけているお子さんや、ゴーグルを嫌がるお子さんにおすすめします。

カラー ピンク、ホワイト
サイズ XS/S(52~56cm)

カッコいい
もうすぐで小学生になる双子に購入しました。
ゴーグル付きはゴーグルがズレる事がなさそうで良いなぁと購入しました。
サイズば調整が効くので全く問題無しで子供達も気に入ってました。
発送も早く有難うございました。

出典:楽天市場みんなのレビュー

VAXPOT ヘルメット ジュニア用 ジャパンフィット VA-3152

VAXPOT(バックスポット)

サイズ調節機能と日本人の頭に合わせたジャパンフィットで心地よい装着感のスノーヘルメットです。インナーが取り外し可能なので洗えるのも良いポイントです。

カラー 全3色
サイズ FREE

小学生の子供のスキー用に購入しました。
うちの子は小学5年生の男の子で、頭は特に大きくなく普通サイズだと思いますが、サイズ感はぴったりでした。
表面の質感もツヤ無しのマット感で決して安っぽくなくゴーグルを付けた感じもとても格好いいです。
子供も気に入っております。

出典:楽天市場みんなのレビュー

ヘルメットインナーは買った方がいい?

結論からお伝えすると、 ヘルメットインナーは用意することをおすすめします。

 

スノーボードは意外と汗をかくため、洗濯できるインナーを使ったほうがヘルメットを衛生的に保てますよ。インターネットでヘルメットを購入する場合は、インナーを着用した状態でサイズを測りましょう。

north peak スノーボード ビーニー ニット帽 NP-9415

north peak(ノースピーク)

ヘルメットとのレイヤリングも可能な子ども用の薄型ニット帽です。2WAYで楽しめるリバーシブルタイプ。軽量かつ薄手なので、小さくたためて持ち運ぶ際にもかさばりません。

カラー 全3色
サイズ FREE

コスパ重視なら中古やレンタル!費用の相場は?

初めてスノーボードに行くときや、数年に1度くらいしかゲレンデに行かない場合は、グッズにお金をかけるのはもったいないですよね。中古やレンタルなら安く道具を用意できます。

 

中古の相場は、子ども用ヘルメットは送料込みで1,500円くらいからです。ヘルメットは梱包したときのサイズが大きくなるため、送料込みかを必ず確認しましょう。

 

レンタルする場合の相場は、数百円程度です。現地でレンタルすれば、移動の荷物が少なくてすむというメリットもあります。

まとめ

  • 安全性を重視する場合は、国際的安全基準を満たすヘルメットがおすすめ
  • メガネをかけているお子さんはバイザー付きが便利
  • ヘルメットインナーも一緒に使うのがおすすめ

スノーボードヘルメットについて、メリットや選び方、おすすめのヘルメットなどを解説しました。子どもは予想外の行動をとることもあるうえ、ゲレンデでは相手のほうからぶつかってくることもあります。危険からお子さんを守るために、ヘルメットでしっかり頭部を保護しましょう。

比較表

画像
名称PONTAPES スノーボードヘルメットSALOMON サロモン スキー ヘルメット キッズ ジュニアSWANS ヘルメット スノーボード 23-24 H-451Rサンドボックス ヘルメット LEGEND SNOW ASIA FITサンドボックス ヘルメット キッズ 2.0 LOW RIDERサンドボックス LEGEND LOW RIDERHAED スノーボード ジュニア用ヘルメット HELMET MOJOHEAD スノーボード ヘルメット キッズ Y-MAJAHEAD スノーボードヘルメット HELMET Y-MAJA VISORVAXPOT ヘルメット ジュニア用 ジャパンフィット VA-3152north peak スノーボード ビーニー ニット帽 NP-9415
ブランド・メーカー名PONTAPES(ポンタぺス)SALOMON(サロモン)SWANS(スワンズ)SANDBOX(サンドボックス)SANDBOX(サンドボックス)SANDBOX(サンドボックス)HAED (ヘッド)HEAD(ヘッド)HEAD(ヘッド)VAXPOT(バックスポット)north peak(ノースピーク)
詳細蒸れ防止のベンチレーションやゴーグルストッパー付で、イヤーパ...フランスのアウトドアブランド、SALOMONのバイザー付きス...日本人の頭の形にフィットするように作られたスノーヘルメットで...スノーボーダーに絶大な人気を誇るブランドSANDBOXのヘル...SANDBOXでブランドを代表する型「CLASSIC 2.0...先に紹介した「LEGEND ASIA FIT」に付いていたイ...アメリカのスポーツブランド、HAEDのスノーボードヘルメット...子ども専用インナー「Head 2Dフィット」付きでフィットし...斜め方向の衝撃を大幅に減少させる「MIPS」という仕様を採用...サイズ調節機能と日本人の頭に合わせたジャパンフィットで心地よ...ヘルメットとのレイヤリングも可能な子ども用の薄型ニット帽です...
カラー全3色全5色全3色全13色全15色全12色全4色ホワイトピンク、ホワイト全3色全3色
サイズS(50~53cm)KS(49~53cm)、KM(53~56cm)、KL(56~59cm)S(48-54cm)、M(52-58cm)、L(58-64cm)XS/S(55~58cm)、M/L(59~61cm)S(52~54cm)、M(55~57cm)、L(58~60cm)S(53~56cm)、M(57~60cm)、L(61~63cm)XS/S(52~56cm)SXS/S(52~56cm)FREEFREE
リンク

当記事の情報は記事の公開日もしくは最終更新日時点の情報となります

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • Instagram

習い事スクスクの最新情報をお届けします