エリア・駅

目黒区

変更
ジャンル

日本舞踊

変更
対象年齢

指定なし

変更
特徴

指定なし

変更
フリーワード

指定なし

変更

1件中 1〜1件を表示

1〜1 件を表示中(全1件中)

目黒区の他の習い事を探す

ぴったりな習い事教室を探すためには?
身につく力
コースの内容を確認し、教室に通うことでどんな力が身につけられそうかをイメージしましょう。教室ブログからも、大会・イベント・検定など、教室が何に力を入れているのかが分かります。
先生の人柄
習い事を続けるためには、お子さまと先生の相性はとても重要です。写真や自己紹介文、教室ブログなどから先生の人柄を知りましょう。
通いやすさ
習い事スクスクでは希望の条件や交通手段に合わせ「送迎あり」「駐車場あり」「駅チカ」などの絞り込み検索も可能です。送迎時に駐車場がなく困った経験のあるママパパも安心です。
レッスン形態
お子さまが小さいうちは「親子参加あり」や、先生と1対1でしっかり学びたい場合は「マンツーマン」など、希望のレッスン形態に合った教室を探すことができます。「オンライン」に対応した教室を選ぶことで、自宅にいながら習い事をすることも可能です。

日本舞踊について


「子どもに日本の文化を学ばせたい」「挨拶や礼儀作法のマナーを教えたい」などの理由で、習わせるママパパが多い日本舞踊。経験がないと日本舞踊の世界はハードルが高いように感じてしまうかもしれませんが、最近は趣味のひとつとして気軽に習わせる家庭も増えています。早ければ3歳くらいから受け入れている教室もありますが、実際は小学生になってから習い始める子が多いようです。

子どもが日本舞踊を習うメリット3つ
①礼儀作法が身につく
日本舞踊の世界では、子どもも大人と同じように扱われることが多く、言葉づかいや立ち居振る舞いなどを厳しく指導される場合もあります。師弟関係がはっきりしていて、さまざまな年代の人が集まる環境に身を置くことで、挨拶や礼儀作法のマナーは自然と身につけられるでしょう。

②度胸がつく
日本舞踊は、大勢の観客の前で舞台に立ちます。人前で踊りを披露することは、度胸なくしてできません。初めのうちは緊張して思うように動けないかもしれませんが、舞台の経験を重ねるにつれて度胸がつき、自信をもって踊れるようになるでしょう。

③ひとりで着物が着られるようになる
日本舞踊では練習のときも着物や浴衣を着ます。初めは大人に手伝ってもらいますが、慣れてきたら自分で着られるようになります。日本舞踊で習得した着付けのスキルは、将来冠婚葬祭などで着物を着るときにも役立つでしょう。

続いて、日本舞踊教室でかかる費用については以下のとおりです。

入門料
約0~5,000円程度

月謝
約5,000~20,000円程度(週1回)
講師や流派、レッスンの回数などによって金額は異なります。

小さな頃から日本の伝統文化に触れておくことは、子どもの世界を大きく広げてくれます。あまり身近な習い事ではないからこそ、習得すると子どもにとって大きな自信となるはずです。日本舞踊は先生と子どもの相性が重要なので、もし興味をもったらぜひ複数の教室を見学してみてください。