日本むかし話を楽しく深堀り!子どもの『考える力』がぐっと伸びる一冊
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU

日本むかし話を楽しく深堀り!子どもの『考える力』がぐっと伸びる一冊

これからの時代を生き抜くためにお子さんに必要な『考える力』。2020年度に改訂した学習指導要領でも、重要視する力として「思考力」が挙げられています。そこで今回SUKU×SUKU(スクスク)が紹介するのは株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・石井悟)が2022年7月19日に刊行した書籍 『自分で考える力を育てる10歳からのこども哲学 ツッコミ!日本むかし話』です。
馴染みのある日本むかし話を深堀りすることで、楽しみながらお子さんの『考える力』を伸ばしてくれる一冊となっていますよ。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
お気に入り

誰しも知っている『日本むかし話』が題材

日本人なら誰しも知っている「日本むかし話」を題材にしている本書。

 

「桃太郎の鬼は本当に悪いヤツなの?」「桃太郎はなぜスイカ太郎じゃないの?」「『日本一』の旗を持った桃太郎。日本一って誰が決めたの?」など、物語をさまざまな角度から読み解いて考える練習をすることで、お子さんの『考える力』を楽しく養うことができる内容となっていますよ。

ふりがな付きで「あらすじ」も掲載

本書で取り上げられている日本むかし話は、桃太郎、カチカチ山、一寸法師、屁ひり女房、笠地蔵、分福茶釜の6つのお話となります。

 

なかには知らない物語もあるかもしれませんが、ふりがな付きでそれぞれの物語のあらすじが書かれているため、お話の世界に自然と入っていくことができます。
ふりがな付きなので、お子さん一人での読書にもぴったり!

 

親子で対話しながら、楽しく読み進めていけそうですね。

多様な視点で物事を考えられるようになる!

本書では、さまざまな角度から日本むかし話を読み解いています。なかには、大人でも気付かないような視点もたくさんあるでしょう!

 

さまざまな角度から物語を深堀りすることで『多様な視点で物事を考える力』も身についてくれることでしょう。
『よくよく考えてみると、確かに不思議だな。どうしてなんだろう』と親子で楽しく読み進めていけそうですね。

 

お子さんと一緒に、日本むかし話の新たな一面に触れてみてはいかがでしょうか。

コチラの記事も読まれています

子どもの考える機会を奪う親のNG行動とは?考える力を伸ばす方法も紹介!
すべての教科の土台となる国語!国語力を効率的に上げる方法を現役塾講師が紹介

商品の比較表

商品画像
商品名
商品詳細
商品リンク

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード