学研プラスから頭のよくなるゲーム「アルゴ」の新商品登場!遊びながら算数脳を育もう!
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU

学研プラスから頭のよくなるゲーム「アルゴ」の新商品登場!遊びながら算数脳を育もう!

2002年の発売以来、人気沸騰。世界180万部突破・日本を代表する世界的カードゲームとして認知されている「アルゴ」。算数オリンピックに挑戦する子どもの必須アイテムにもなっており、楽しく遊びながら算数脳を育んでくれるゲームとして広く知られています。そんな「アルゴ」がさらに奥深く高度なゲームへと進化した「アルゴプラス」を、学研プラスから登場しました!今回SUKU×SUKU(スクスク)では、従来の「アルゴ」の内容もふまえて「アルゴプラス」の面白さを紹介します。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
お気に入り

頭のよくなるゲーム「アルゴ」とは

「アルゴ」は、2002年、算数オリンピック委員会 理事長 若杉栄二氏を中心に、東京大学数学科の学生有志、大道芸人としても著名な数学者ピーター・フランクル氏らが共同で発明・開発したカードゲームです。

 

相手のふせられたカードの数字を、ヒントを元に読み解いて数字を当てるというシンプルなルールですが、奥の深さとおもしろさが堪能できる知的なゲームです。ゲームを通して、相手のカードを読み解き、ゲームに勝つことを目指します。
与えられたヒントから試行錯誤しながら分析することが必要になり、徐々に規則性を見いだすことができるようになります。
ゲーム「アルゴ」には、論理的思考力を高める効果があります。

 

発売以来、算数オリンピックにチャレンジするお子さんの必須アイテムとして、また、全国有名塾で展開する算数教室・アルゴクラブでの教材として、多くのお子さんやその家族に楽しまれています。

世界180万部突破の人気ゲーム!

「アルゴ」は、2002年の発売以来、日本だけではなく韓国・台湾・タイ・ギリシャなど、世界のさまざまな国々で親しまれています。
累計発行数は180万部を突破し、日本を代表する世界的カードゲームになっています。

アルゴ発売20周年! いよいよ待望の新作が仲間入り!

そんなアルゴが、この度発売20周年を迎えました。これを機に開発されたのが、今回紹介する「アルゴ プラス」です。
株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長兼COO:南條達也)は、頭のよくなるゲーム「アルゴ プラス」を9月1日(木)に発売開始しました!

従来の「アルゴ」と異なる点

「アルゴ プラス」は従来の「アルゴ」と異なる点がいくつかあるのだそう。

 

まず、従来の「アルゴ」のカードは白黒2色でしたが、今回「アルゴ プラス」は金銀黒の3色にパワーアップしました!
さらにジョーカーもプラスされ、新たなルールが開発されました。
相手のカードの数字を推理するのは従来通りですが、論理的な推理の要素が強くなり、さらに奥深く高度なゲームになっているとのこと。
これは楽しそう!大人もはまりそうな内容ですね。

『アルゴ プラス』の主な特徴

入っているもの

・金銀黒カード(0〜11、各12枚)計36枚 
・ジョーカー4枚 
・「アルゴ プラス」ルールブック 
・別冊「アルゴ ベーシック」ルールブック 
・収納ケースとスリーブ

『アルゴ プラス』は3つのルールが楽しめる!

「アルゴプラス」は3つのルールが楽しめるので、飽きずに繰り返し遊ぶことができますよ。

 

・「基本ルール」
カードを並べるときは左から右へ数字の小さい順に並べます。同じ数字の場合は、黒<銀<金とします。
3つのルールに共通したものです。

①「3〜4人プレー ノーマルルール」
金銀黒0-11の計36枚のカードを用いるため、3-4人プレーがメインルールになっています。
カードの色が増えたことで、より論理的思考力が求められます。
新たな論理の勝負が楽しめます。

 

②「3〜4人プレー 大逆転ルール」
3〜4人プレーのルールに、ジョーカーをプラスしたものです。
通常アタックは1回失敗すると終わってしまいますが、ジョーカーを使ってアタックすれば、2回失敗するまで何度でも連続でアタックすることができます。

 

また、使い終わったジョーカーは、自分列に加えないため、相手の推理のヒントになりません。これにより、不利な状況を一気に逆転可能。スリリングな展開に!

 

③「2人プレー ノーマルルール」
カードの配り方などが、3〜4人プレーや従来のアルゴとはまったく異なります。
金黒カード24枚からそれぞれに4枚ずつ配り、残りの16枚は使いません。銀カード12枚だけを山札にします。銀カードを引いてアタックし、失敗すると表にして自分の列に加えることになります。

 

つまり、銀カードをヒントに推理していくことになります。これによって、これまでにない展開が楽しめますよ。

『アルゴ プラス』の実際の推理の一例を紹介!

そんな気になる「アルゴ プラス」の遊び方を少しだけ紹介。
下記画像にある推理の一例を参考にしながら「あ」と「い」のカードの数字が何なのか、紐解いてみましょう!

見やすくわかりやすい!「アルゴ プラス ルールブック」

「アルゴ プラス」には、わかりやすいルールブック付き。 
従来のアルゴを知らない方でもよくわかるように構成された「アルゴ プラス ルールブック」は、オール4色16ページ。

 

また、従来のアルゴ(アルゴ ベーシック)と同様の遊び方も、銀黒カードを用いてプレーできるようになっているため、別冊「アルゴ ベーシック ルールブック」も付属していますよ。
※お子さんが従来のアルゴを塾などで使用する場合は「アルゴ ベーシック」をお求めください。
算数オリンピックやアルゴクラブなどでは、「アルゴ ベーシック」が用いられています。

開発者からのメッセージ

作者:算数オリンピック委員会 理事 若杉栄二氏
アルゴは2002年の発売から20周年を迎え、世界で180万部を超える発行部数となりました。
いまでは「アルゴ ベーシック」として、算数オリンピックやアルゴクラブ参加者、ゲーム好きの方など、たくさんの方々にお使いいただいています。小学生だったお子さんはすでに社会人となり、日本の未来を担う活躍をみせている方も多いことでしょう。

 

20周年を機に、アルゴに熟練したお子さんや昔アルゴになじんでいただいた大人の方々に向け、3色カードを使った進化系アルゴを開発いたしました。

 

同じアルゴなれど、さらに奥深く高度なゲームとなっています。
ぜひこれからも、アルゴをお楽しみいただき、論理的思考力に磨きをかけてください。

関連商品も人気!

「アルゴ」には他にも頭のよくなるゲーム「アルゴ ベーシック」、「頭のよくなる図形パズル ピーターキューブ」といった関連商品もありますよ。
おうち時間のアイテムに、お子さんの算数脳を養うことができる「アルゴ プラス」をぜひ取り入れてみてはいかかでしょうか。

アルゴ プラス

アルゴ ベーシック

頭のよくなる図形パズルピーターキューブ

コチラの記事も読まれています

【小6の保護者必見】先取り学習を焦ってない?数学の基盤になる「算数」の効率的な復習法
おうち時間の工作で算数が得意に子に!?工作で「算数力」を伸ばす遊び方を解説
子どもの算数の苦手意識そのままにしてない?「ナンプレ」で楽しく克服しよう!

商品の比較表

商品画像
商品名アルゴ プラスアルゴ ベーシック頭のよくなる図形パズルピーターキューブ
商品詳細
商品リンク

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード