毎朝10分のピアノ練習が上達のカギ!現役講師が「朝練を習慣化させるポイント」を伝授
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU
毎朝10分のピアノ練習が上達のカギ!現役講師が「朝練を習慣化させるポイント」を伝授

毎朝10分のピアノ練習が上達のカギ!現役講師が「朝練を習慣化させるポイント」を伝授

ピアノを習わせている家庭でよくあるのが「子どもにいつ練習させるか」という問題。帰宅後すんなり練習してくれたら助かりますが、そう簡単にはいかないものです。遊び疲れていたり宿題があったりして、ピアノはつい後回しになってしまうケースが多いのではないでしょうか。そこで今回SUKU×SUKU(スクスク)は、群馬県太田市で『プレイザミュージック音楽教室』を主宰する長廻先生のYouTubeに注目!ピアノ練習のベストタイミングについて紹介します。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
今回教えてくれた人
長廻 かおる(ながさこ かおる)
+ 続きを読む
お気に入り

ピアノは朝練がおすすめ!練習を定着させる8つのポイント

ピアノは毎日の練習が肝心だと分ってはいるものの、帰宅してから寝るまでの時間はあっという間ですよね。おまけに夕方以降は、子どもも親も疲れていることが多いのではないでしょうか。

 

そこで長廻先生がおすすめするのは、朝にピアノを練習すること。夜に比べて体がまだ元気だったり、登園・登校時間までに終わらせるため集中力も高まったりとメリットが多いそうです。

 

さらに長廻先生は、朝練を定着させるためのポイントもYouTube内で紹介しています。

①タイムスケジュールを立てる

実際に、長廻先生のピアノ教室には朝練に励んでいる生徒さんがいるのだとか。YouTubeでは、その方のタイムスケジュールが紹介されています。

長廻先生

長廻先生

共働きで忙しそうな家庭ですが、毎朝6時15分にお子さんを起こして6時半に朝ごはんを食べさせ、7時から10分間ピアノの練習をしています。

 

お母さんは毎朝7時半には出勤しているそうですが、タイムスケジュールをしっかり立てることでピアノ練習の時間は確保できているのです。

タイムスケジュールを立てておくと、子どもも次は何をすればよいか分かりやすいですよね。ピアノの時間を確保できるだけではなく、朝の準備そのものがスムーズになる効果もありそうです。

②練習時間は10分だけ

ピアノの朝練は、10分だけにしてほしいと仰る長廻先生。

 

毎日継続させるためにも、調子がよいからといって「あと5分弾いてみようか?」と時間を延ばすことは避けたほうがよいそうです。

長廻先生

長廻先生

子どもにも時計を見せて「10分間だけだよ」と伝えましょう。終わりの時間がはっきりしていることで、頑張れる子もいます。

③時間になったらピアノの前に座らせる

練習する時間になったら、必ずピアノの前に座らせることが肝心だと長廻先生は仰います。

 

ここで時間を守れないと、そのあとのママパパの予定も狂ってしまうでしょう。時間を守ることの大切さを教えるのにも、有効です。

④すぐ弾けるように用意しておく

練習時間は10分しかないので、楽譜はあらかじめ譜面台に置いておきましょう。長廻先生曰く、時間になったらすぐに弾ける環境を用意しておくことが大切だそうです。

⑤子どもの練習には付き添う

忙しくても、ピアノの練習には必ずママパパが付き添ってほしいと長廻先生は仰います。自分のことを見てもらえているという安心感が子どものモチベーション維持にも繋がるのだそうです。

長廻先生

長廻先生

ピアノの練習は親子の共同作業だと割りきって、協力してあげてくださいね!

⑥練習内容を宣言する

「今日はこの曲を2回ずつ弾こうね」と、子どもに宣言することも大切だと仰る長廻先生。これも10分間という短い時間を有効に使うために、欠かせないポイントなのだそうです。

⑦子どもを責めない

朝から怒られると子どもはもちろん、ママパパも気分が悪いですよね。長廻先生は、たとえ上手に弾けなかったりぐずったりしても、叱ることはやめましょう!とアドバイスします。

⑧ポジティブな感想を伝える

子どもが弾き終わったあと「ここが上手だったね」とポジティブな感想を伝えることも、練習を継続させるために必要です。

 

朝は余裕がなくバタバタしがちですが、ピアノの一言感想をきっかけに気持ちのいい1日が始められるとよいですね。

まとめ

  • ピアノの練習はタイムスケジュールに組み込んでしまうのがコツ!
  • 朝練は歯磨きと同じ!毎日の習慣になればひとりでできるようになる

ピアノの朝練を定着させる場合、3カ月は子どもの練習に付き添ってあげることが大切だと仰る長廻先生。定着してしまえば、あとは子どもだけで取り組めるようになるそうです。

 

1日10分間だけなら、忙しい朝でもなんとか時間がつくれそうですよね。ピアノを練習させることがストレスになっていたら、ぜひ朝練を試してみてください!

今回ご協力いただいた教室

今回、取材にご協力いただいた『プレイザミュージック音楽教室』 の詳細は以下のリンクからご覧ください。

コチラの記事も読まれています

【ピアノ・ダンス・バレエ・チア】簡単でかわいい#発表会ヘアアレンジ9選
あがり症だから‥ピアノの先生に聞く『緊張しない練習方法』を紹介!
プリント楽譜も使いやすく!簡単・手軽な7つの製本方法をピアノ講師が伝授

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード