学区を超えた友達作り!転勤族の習い事におすすめしたいガールスカウト
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU

学区を超えた友達作り!転勤族の習い事におすすめしたいガールスカウト

転勤族のパパママにとって、子どもの習い事は悩みのタネとなることもしばしば。急な辞令によってある日突然辞めなければいけないので、習い事をさせたくても躊躇してしまうパパママが多いようです。
また同じ習い事でも新しい教室では指導方法が大きく変わったり、サッカーやダンスなど集団で行う場合は、まずチームに馴染むのに時間がかかる場合もあります。
今回SUKU×SUKU(スクスク)では、「公益社団法人ガールスカウト日本連盟」のブログから、転勤族の子どもの習い事にガールスカウトがおすすめである理由を紹介します。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
今回教えてくれた人
+ 続きを読む
お気に入り

家と学校以外に居場所を持つことの大切さ

幼稚園や保育園、学校などでトラブルが起こり、友達とうまくいかなくなった場合、子どもにとって安心して過ごせる場所がひとつ減ってしまいます。そのようなとき親や先生には悩んでいることを話せなくても、友達や他の大人には素直に相談できることもあるでしょう。

 

学区外の子どもたちが集まるコミュニティと繋がっていれば、まずは居場所があることに安心できますし、相談相手が見つかり心が救われるかもしれません。

 

実際ガールスカウトには、様々な学区からきた幅広い世代の子どもたちが集まっているのだそう。

ガールスカウト日本連盟

ガールスカウト日本連盟

ガールスカウトは地域単位で活動するため、学区を超えた友達を作ることができます。
 
学校は閉塞的な人間関係になりがち。一度、クラスやクラブ活動で居場所がなくなってしまうと、コミュニティに戻ることが難しい場合があります。

 

でもガールスカウトに入ると、学校とは異なる同学年・他学年の友達やリーダー(指導者)たちが迎えてくれる“居場所”を作ることができます。

転勤族の子どもたちは、イチから人間関係を築く機会が多く、時には新しいクラスにうまく馴染めないこともあるかもしれません。
そんなとき家や学校以外でも楽しく過ごせる「第3の居場所」を作っておくことは、子どもの心の安定に繋がるでしょう。

ガールスカウトの活動方針は全国共通。助け合いの精神が根付いている

ガールスカウトの活動方針には、人との交わりを大切にすることが挙げられています。引っ越してきて初めての場所で緊張している子にも、優しく手を差し伸べる行為が自然に行われているのだそう。

ガールスカウト日本連盟

ガールスカウト日本連盟

慣れない土地への引越しは、子どもにも大人にも不安があるもの。ガールスカウトは47都道府県に活動拠点があり、育成目標や教育内容が全国同じなので安心です。
 

ガールスカウトの子どもたちは、困っている人を助けることが大好き。新しい友達にも親切に接するので、すぐに仲良くなります。

先生や教室によって教え方がガラッと変わってしまうのが、転勤族の習い事に関する悩みでもありますよね。その点ガールスカウトは、教育内容がどこの地域でも同じ。さらに海外にも拠点があるので、国によっては転勤先でも継続できます。

 

もちろん海外のガールスカウトも理念やモットーは日本と共通、同じメロディーの歌もあるのだとか。どの土地に行っても習う内容が同じであることは、子どもにとって馴染みやすく、新しい環境にも溶け込みやすいでしょう。

子どもだけじゃない!ガールスカウトは転勤族のパパママにもメリットあり

転勤で大変なのは子どもだけでなく、パパママも一緒ですよね。慣れない土地で新しい人間関係を築いていくのは、大人でも苦労します。
ガールスカウトは家族で活動する機会もあるため、保護者同士の繋がりも自然に生まれるのだそう。おすすめの塾や進学先の情報から子育てに関する悩みまで、いろいろなことを相談できる場でもあるそうです。

ガールスカウト日本連盟

ガールスカウト日本連盟

引っ越してすぐは土地勘がなく、病院、子どもを遊ばせる場所やお買い物をする場所など、わからないことばかり。
でも学校の保護者同士では、人間関係を気にして聞きづらい場面も多いのだそう。
 
その点、ガールスカウト保護者同士なら学区が違うこともあり、気軽に聞くことができます。

同じ学校のパパママよりも程よい距離感がある分、気兼ねなくいろいろなことを相談できるそう。実際に保護者の方からはこのような声もいただくのだとか。

ガールスカウト日本連盟

ガールスカウト日本連盟

「小さなことでも相談にのってくださり、親子共々安心する場所となりました。新しい環境での不安を解消することができたのがとても良かったです。」

まとめ

転勤族の子どもにとって、どこに引っ越しても同じ内容で習い事が続けられるのは大きなメリットです。また家や学校以外にも居場所を持ち、話し相手ができることは子どもにとってはもちろん、パパママにとっても支えとなるでしょう。

 

学区を越えた幅広い世代と交流できるガールスカウトは、転勤族ファミリーにとって新しい土地に馴染むきっかけともなります。
新天地での子どもの習い事として、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

今回取材にご協力いただいた企業

今回、取材にご協力いただいた公益社団法人ガールスカウト日本連盟の詳細は以下のリンクからご覧ください。
体験や見学などのイベント情報はこちら…… ガールスカウト全国イベント情報

コチラの記事も読まれています

小林よしひささん
小林よしひさが"よしお兄さん流"の子育てを初披露「今朝も10倍粥を作りました」
ラグビースクールでの水分補給の様子。スポーツジャグでぐびぐび飲んでます
ママスタッフが徹底検証!1~2Lの水筒(ジャグ)おすすめ16選
本が嫌いな子どもなんていない!子どもを読書好きに導く3つのポイント

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード