ワーママ必見!子どもの習い事「1人通い」デビューまでに準備しておきたいこと
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU

ワーママ必見!子どもの習い事「1人通い」デビューまでに準備しておきたいこと

子どもが習い事を始めるときに悩む方も多い送迎問題。共働きのため平日の送迎ができない、兄弟がいてスケジュールが大変というママパパも多いのではないでしょうか。そこで今回SUKU×SUKU(スクスク)では、フルタイムで働くママ・平野さんが書く『yunko blog』に注目!小学2年生のお子さんが1人でスイミングスクールへ通えるようになるまで準備したものや失敗談などを紹介します。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
今回教えてくれた人
平野 憂子(ひらの ゆうこ)
+ 続きを読む
お気に入り

土日の予定が習い事で埋め尽くされていた以前

平野さんの家庭は、共働き&ママパパともに両親は遠方。そのため習い事の送迎は、自分たちで協力して行わなくてはなりませんでした。

平野さん

平野さん

平日は仕事のため、習い事は土日に集中してしまいスケジュール管理が大変でした。
 
また、土日の予定が長男の習い事で埋まってしまうため、下の子の習い事が始められないことや、土日にゆっくりできないことも悩みの種でした。

ところがお子さんが小学校2年生のとき、土日に通っていたスイミングを平日に変更しなければならなくなったのだそう。平日では送迎ができない平野さんは、お子さんが1人でスイミングスクールへ通えるように、1カ月ほどかけて準備をしたそうです。

子どもの習い事1人通いへの準備①不安要素をあげる

学童から1人で帰ることができるか

学童から一人で帰宅をしたことがなかった平野さんのお子さん。まずは家まで1人で帰れるようにしなくてはなりませんでした。

スクールバスの時間に間に合うように家を出られるか

スイミングスクールへ通うためには、スクールバスに間に合うように家を出て、バス停まで行かなければなりません。

平野さん

平野さん

テレビやYouTubeに夢中になり、バスの時間に間に合わなくなることが一番心配でした。

帰りのバスでちゃんと降りられるか

スイミングの帰りは、各バス停を回るスクールバスから、自分が降りるべきバス停でちゃんと降りられるかが心配だったのだそう。

平野さん

平野さん

お友達とのおしゃべりに夢中になりバスを降りそびれないかが、めちゃくちゃ心配でした。

またバスを降りたあと、真っすぐ自宅へ帰ってお留守番をしなければならないことも不安要素の一つだったと、ブログで語られています。

子どもの習い事1人通いへの準備②不安要素を解決する

次に平野さんは、不安要素を解決するための準備を始めたのだそう。

キーケース

鍵をそのままぶら下げていたら家に誰もいないことが分かってしまうため、平野さんは鍵が隠れるタイプのキーケースを準備しました。

平野さん

平野さん

キーリール付きで鍵が伸びるので、鍵穴も回しやすいですよ。

キッズ携帯

出発時間を声で教えてくれるキッズ携帯も用意した平野さん。この機能のおかげで、一番心配していた「バスの乗り遅れ」を防ぐことができたそうです。

平野さん

平野さん

SMSメールも便利で、私の帰りが遅くなりそうなときに使っています。

スイミングスクールに不安な点を相談

さらに平野さんは、スイミングスクールへ行き、不安な点を全部相談したといいます。

平野さん

平野さん

「1人通い」ができるものか聞きに行くと、これらのことをしてくれることが分かり安心できました。
 
・子どもの入館、退館時にメールで知らせてくれる
・初回のみ親も一緒にバスに乗れる
・帰りは降り忘れのないよう、バスの運転手さんが声をかけてくれる

またスイミングの日は学童へは行かず、学校から集団下校をすることにしたお子さん。最初はとても心配されていた平野さんですが、こうして一つひとつ準備を重ねていくことで、不安だったこともすべて解決されたそうですよ。

子どもの習い事1人通いへの準備③自分で支度をできるようにする

平野さんは、習い事の持ち物はお子さん自身で支度をすることをおすすめされています。

平野さん

平野さん

持ち物をしっかり把握できるように、バッグの中身は自分で用意させました。
 
持ち物を把握できていないと忘れ物をしますよね。普段から忘れ物が多い子なので、これは徹底しました!

子どもの習い事1人通いへの準備④慣れるまでは一緒に行く

お子さんが安心できるよう、慣れるまでは付き添いをしたという平野さん。仕事を休むか早退をしなければいけないため、パパと交代で行かれたそうです。

平野さん

平野さん

3度付き添ったら「もう1人で通えると思う」と大丈夫そうでした。実際に通ってみると、同じ学校のお友達が結構いて安心したようです。

子どもの習い事1人通いの失敗談

1人で通えるようになったあと、ちょっとした失敗もあったのだそう。参考になればと、平野さんはブログで実際にあったエピソードを語られています。

ゴーグルを失くす

平野さん

平野さん

1人で行くようになった初日にゴーグルを忘れ、そのまま失くしました……。名前は書いてあったのですが、戻ってきていません。

下着とズボンがなくなる

平野さん

平野さん

スクールから、下着とズボンがなくなりタオルを巻いて帰ったという連絡がありました。
 
なんで?脱いだ下着どこにやったの?……パンツなしで帰ってきました。

スイミングカードとバスカードを失くす

平野さん

平野さん

バスカードはバスで見つかりましたが、スクールへ入館するときのカードは失くなったまま3カ月経過しました。再発行をしないといけません。

バスに傘を忘れる

平野さん

平野さん

雨の日あるあるです。傘の柄にドラゴンボールのシールをたくさん貼っていたので、これは忘れ物の中からすぐ見つかりました。

友達とバッグが入れ替わる

平野さん

平野さん

「バスに乗っていた友達とバッグが入れ替わり、鍵がなくて家に帰れない」と連絡がありました。携帯は手に持っていたようで、本当によかったです。
 
妹がいる保育園へ連絡し、事情を説明して待たせてもらえました。

なかにはヒヤッとする失敗もありますが、失敗はすべて成功の元!1人で通い、このような経験をすることで平野さんのお子さんも大きく成長されたでしょうね。

平野さん

平野さん

いざ始めてみるとトラブルは起きます。スイミングスクールから電話があったのは合計3回です(笑)。
 
失敗を経験しながらも、いまは立派に1人で通えるようになりました。そして小学校3年生の現在は、ヤマハも1人で通えるようになりましたよ。

まとめ

習い事へ1人で通い始めるときは、お子さんもママパパも心配なことばかりだと思います。ですが平野さんのように一つずつ準備を行い、お子さんの不安も取り除いてあげることで1人で通えるようになるかもしれません。習い事の送迎で悩まれている方はぜひ参考にしてくださいね。

今回ご協力いただいた方

今回、取材にご協力いただいた平野憂子さんの詳細は以下のリンクからご覧ください。

コチラの記事も読まれています

【先輩ママに聞いた】習い事を始めて子どもが成長したこと5つ!
短期だけでも上達できる?現役スイミングコーチに聞いた「短期教室」のメリット・デメリット
スイミング用度付きゴーグルおすすめ10選!選び方やお手入れ方法を解説

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード