逆足でのプレーが苦手なサッカー少年必見!一日30分で両足キッカーになれる練習方法
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU
逆足でのプレーが苦手なサッカー少年必見!一日30分で両足キッカーになれる練習方法

逆足でのプレーが苦手なサッカー少年必見!一日30分で両足キッカーになれる練習方法

利き足ではない「逆足」でボールを蹴るのは難しいですよね。逆足でシュートをしたら決まらなかった、パスが通らなかった……なんて苦い経験、サッカーをしているお子さんなら誰しもあるのではないでしょうか。そこで今回SUKU×SUKU(スクスク)では、2000人以上の子どもたちにドリブルを指導してきた『RUGATEドリブル塾』のYouTubeに注目!一日30分で両足キッカーになれる練習方法を紹介します。

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
今回教えてくれた人
TAKUYA
+ 続きを読む
お気に入り

今回SUKU×SUKU(スクスク)がピックアップしたYouTubeはこちら。

 

サッカースクール『RUGATEドリブル塾』のYouTubeより、お子さん1人でもできる逆足の練習方法をご紹介します!

サッカーで逆足を使えるようになるメリットとは

試合中、苦手な逆足でパスやシュートを決めなければならない場面もありますよね。利き足ではうまく蹴れるのに、逆足になると決められない……というお子さんも多いでしょう。自身も、昔は逆足が苦手だったというTAKUYAコーチは、動画の中でこう語られています。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

僕も昔は左足が苦手でしたが、両足を器用に使えるとプレーの幅もかなり広がり、いろいろなことができるようになりますよ。

サッカーの逆足練習①バランス感覚を養う

TAKUYAコーチ曰く、逆足がうまく使えるようになるためには、利き足のバランス感覚が大事なのだそう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

シュートやパス、ドリブルをするときには、必ず片足立ちになる瞬間がありますよね。そのため、軸足のバランス感覚がとても大事になってきます。

バランス感覚を養う練習①軸足ケンケン

逆足の足裏でボールを前に転がしながら、少しずつ進んでいきます。利き足を軸足にして、ケンケンしながら進んでいきましょう。

 

このとき、右利きのお子さんの場合は右足を軸にし、左足でボールを転がします。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

5mぐらい進んだら、今度は後ろにボールを転がしながら、同じようにケンケンで戻っていきます。

YouTube 1:54~ 軸足ケンケン

バランス感覚を養う練習②軸足ケンケン(左右に動かす)

今度は、足裏で左右にボールを転がしながら前に進んでいきます。このときも利き足を軸にし、逆足でボールを転がしましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

5mほど進んだら、①と同じように後ろへ戻っていきます。最初は一往復からやってみましょう!

YouTube 2:21~ 軸足ケンケン(左右に動かす)

バランス感覚を養う練習③軸足中心で円を描く

次は軸足を中心にして円を描くように、足裏でボールを転がしていきます。慣れてきたら細かくボールをさわり、スピードを上げていきましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

ここまでやってみると軸足がけっこうキツくなると思いますが、疲れるということはそれだけ軸足が使えてるということ。これも大事なポイントです。
 
この3つのバランストレーニングは、5分を目安にやってみてくださいね。

YouTube 2:52~ 軸足中心で円を描く

サッカーの逆足練習②リフティング

TAKUYAコーチ曰く、リフティングもバランス感覚を養うことに繋がるのだそう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

リフティングはサッカーの基本中の基本。そのため利き足だけではなく、逆足でもできるようにしておくことが大事だと思っています。

逆足リフティング練習①ファーストステップ

逆足でリフティングをすることに抵抗があるお子さんは、まずこちらの方法で練習をするとよいそうです。

 

1.逆足と同じほうの手でボールを持ち、下へ落とす。

2.ワンバウンドしたボールをインステップで蹴り上げ、手でキャッチする。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

このときに注意してほしいのが、手をあまり動かさないこと。脇を締めた状態でキャッチできるように意識してください。
 
手を動かすというよりは、自分の手にボールが返ってくるように蹴ることを意識しましょう。

ここでしっかり正確さを意識することで、タッチ感覚の向上にも繋がるそうですよ。

 

YouTube 4:03~ ファーストステップ

逆足リフティング練習②ワンバウンドリフティング

次は手を使わずに、足だけでリフティングを行います。最初からノーバウンドで行うのは難しいというお子さんは、まずはボールをワンバウンドさせてやってみましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

2回リフティングしてワンバウンド、3回リフティングしてワンバウンド……というように、少しずつリフティングの回数を増やしていきましょう。
 
まずは、これを連続で10回できることを目標にしてみてください。

YouTube 4:32~ ワンバウンドリフティング

逆足リフティング練習③ノーバウンドリフティング

②で10回連続でリフティングをできるようになったら、今度はノーバウンドで練習してみましょう。こちらも逆足だけでリフティングを行います。

 

TAKUYAコーチ曰く「逆足だけで50~100回くらいリフティングをできるようにするのがベスト」とのこと。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

逆足だけでリフティングをすると軸足も疲れてきますが、これもバランス感覚に繋がってくるので、ひとつのトレーニングとしてやってみてください。

リフティング練習の目安は10分だそうです。最初は手でキャッチしながら進めていけるので、苦手な逆足でも取り組みやすそうですね。

 

YouTube 5:04~ ノーバウンドリフティング

サッカーの逆足練習③ドリブル

ドリブル練習にはマーカーを2つ使用します。マーカーを置く距離に決まりはなく、アバウトな感覚でよいそうです。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

マーカーがない方は、手袋や靴など何でもよいので、持っている物をマーカーの代わりに使用してくださいね。

逆足ドリブル練習①直線ドリブル&ターン

まず2つのマーカーの間を、逆足でドリブルしながら進みます。マーカー地点まで来たらターンをし、そのままドリブルで戻ります。これを繰り返し行いましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

このときに注意したいのは、ボールタッチをつねに細かく行うこと。大きくドリブルするのではなく、細かく触りながら進みましょう。
 
間に休憩を挟んでもOKですよ。

YouTube 6:04~ 直線ドリブル&ターン

逆足ドリブル練習②八の字ドリブル

2つのマーカーの間を、逆足で八の字にドリブルしながら進みます。①の直線ドリブルと同様に、マーカー地点まで来たらターンし、繰り返し行いましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

インサイドとアウトサイドをうまく使いながら、八の字を描いていきます。この練習も細かくボールタッチをしながら、軸足のステップも細かく踏んでください。

また八の字ドリブルがうまくできるようになったら、ドリブルの合間にシザースを入れたり、いろいろなテクニックを織り交ぜながらやってみましょう。

 

ここまでのリフティング練習の目安は5分だそうです。

 

YouTube 6:35~ 八の字ドリブル

サッカーの逆足練習④パス

逆足パス練習①パス&コントロール

パス練習は壁がある場所で行うか、二人一組になって行います。

 

1.壁に向けて、インサイドでボールを蹴ります。
2.跳ね返ってきたボールをトラップし、また壁に向けて蹴ります。
この動作を繰り返し行いましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

この練習も同じように逆足だけを使って行います。途中でコースがずれてしまったときも、必ず逆足で止めるようにしましょう。

YouTube 7:46~ パス&コントロール

逆足パス練習②ダイレクトパス

今度は返ってきたボールを止めずに、ダイレクトにインサイドで蹴り返しましょう。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

返ってくるボールに合わせて軸足で横にステップをし、逆足でうまく蹴り返せるようにしましょう。
 
パス練習の目安は10分です。

YouTube 8:20~ ダイレクトパス

応用編

最後に応用編として、ロングパスにチャレンジしてみましょう。友達やママパパと二人一組になって行えば、トラップの練習にもなるそうですよ。1人で行う場合には、壁やフェンスに向かって蹴ればOK。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

できればトラップも逆足で行ってみましょう。最初は近い距離から始めて、慣れてきたら少しずつ遠くしていきます。逆足で蹴るときも、利き足で蹴るときと同じフォームを意識してくださいね。

YouTube 8:48~ 応用編ロングパス

 

TAKUYAコーチは「逆足練習は、毎日続ければ2週間ほどで効果が現れる」と、動画の中で話されています。最初は、慣れない逆足での練習は思うようにいかず、辞めたくなってしまうかもしれません。そんな子どもたちへ向けて、TAKUYAコーチは次のようにアドバイスされていますよ。

TAKUYAコーチ

TAKUYAコーチ

一番難しいことは続けること。僕もそうなのですが、続けることってとてもパワーがいります。逆足練習は30分を目安としていますが、時間がなければ15分からでもよいので頑張って続けてみてください。
 
両足が使えるようになるとプレーの幅が広がり、サッカーがより楽しくなりますよ!

まとめ

逆足でもパスやドリブルができるようになれば、さらに試合で活躍できる機会も増えそうですね。慣れないうちは短時間からでもOK。休憩を挟みながら、少しずつ練習時間を延ばしていったり難易度を上げていくことで、逆足のスキルも高めていきたいですね!

今回ご協力いただいた教室

今回、取材にご協力いただいた『REGATEドリブル塾』の詳細は以下のリンクからご覧ください。

コチラの記事も読まれています

親子でできる!サッカーが上手くなる自主トレのコツは?試合で役立つ練習方法も紹介
ジュニア用サッカースパイクおすすめ16選!プロが選び方をやさしく解説【トレシューとの違いから手入れ方・・・
「声を出す」ことはテクニックの1つ!少年サッカーで効果を発揮する声出しトレーニング

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード