子どもも必要?スキーヘルメットおすすめ10選!正しい選び方を紹介
国内最大級の子どもの習い事メディア
国内最大級の子どもの習い事メディア SUKU×SUKU
子どもも必要?スキーヘルメットおすすめ10選!正しい選び方を紹介

子どもも必要?スキーヘルメットおすすめ10選!正しい選び方を紹介

スキー場では自分がどれだけ気をつけていても思いもよらない事故があります。子どもの安全のために必要なアイテムのスキーヘルメット。今回スクスクでは、「そもそもヘルメットが必要なのか」などの必要性だけでなく、子どもに最適なヘルメットの選び方や子ども向けのおすすめスキーヘルメットをご紹介!約70名のインストラクターが在籍し、多くの子どもたちを指導してきた長野県にある伊那スキーリゾートの小畑さんにお話を伺いました!

SUKU×SUKU編集部
SUKU×SUKU編集部
今回教えてくれた人
小畑 志門
+ 続きを読む
お気に入り

子どもにスキーヘルメットは必要?

スキーは楽しいスポーツである反面、転倒や滑落など、危険と隣り合わせのスポーツです。自分が気をつけていたとしても、事故に巻き込まれてしまい大きな怪我をしてしまう可能性もあります。
 
オシャレからかヘルメットではなくニット帽を被る方が多いですが、万が一の転倒やコースアウトによる衝撃を吸収してくれる安全性を考えると、ヘルメットのほうが適切です。お子さんの安全のためにも、スキーヘルメットを着用しましょう!

ヘルメットを必須にしている教室はどのくらいある?

長野県のスキースクールを調べたところ、5教室のうち2教室はスキーヘルメットの着用が必須項目になっていました。
 
スキー場では、まだまだヘルメットの着用率が低いですが、ケガ防止のため安全性を考慮してヘルメットを着用するようにしましょう。スキースクールによっては、ヘルメット着用が義務化されているので、事前にチェックしておきましょうね。

小畑さん

小畑さん

日本のヘルメット着用率は世界と比べるとかなり低いです。
 
「ヘルメットをしていたから大丈夫だった」なんてこともありますので、ヘルメットの着用をしていただくようにお願いします。

「保温性」はヘルメットの大切な役割

保温性もスキーヘルメットの大切な役割の一つです。スキーは当然寒い環境で行いますがスキーヘルメットは防風性が高く、顔や頭の防寒対策になります。
 
また、スキーヘルメットには基本的に内側に耳当てのパッドがついているため、耳も寒くありません。スキーでの防寒対策としても大活躍してくれるはずです。

スキーヘルメットの選び方

サイズは「ホールド感」のあるものを選ぼう!

スキーヘルメットのサイズ選びで重要なことは「ホールド感」。ホールド感のないスキーヘルメットの場合、ヘルメットが飛ばされてしまう可能性があり、自身はもちろん周りで滑っている方にも危険です。そのため、少々窮屈な程度にホールド感があるヘルメットを選ぶようにしましょう。

小畑さん

小畑さん

安全のため、サイズはもちろんフィット感(ホールド感)がとても大事です。

蒸れないように通気性もチェック!

スキー場は気温が低いとはいえ、スキーで体を動かしていると汗をかいてしまいます。通気性がないヘルメットですと汗で蒸れてしまって、髪が濡れ不快感にもつながってしまいます。
 
通気性のあるヘルメットは、通気口が空いているため選ぶ際にはぜひ通気性にも注目してチェックしていきましょう!

疲れないためには、軽いヘルメットを選ぼう!

重量のあるスキーヘルメットだと疲れやすく、ケガにもつながってしまうため軽量のヘルメットを選びましょう。また、軽量のヘルメットは動きやすく、持ち運びにも便利なので特に小さいお子さんは軽量タイプがおすすめです。軽量タイプの目安は一般的に、約350g程度の重さです。
 
とはいえ、緩衝材がしっかりと入っていないヘルメットは、衝撃吸収が損なわれて安全性が落ちてしまうため、実際に着用して軽いと感じるヘルメットを選ぶと良いです。

子ども用スキーヘルメットの平均価格

スクスク編集部で楽天のレビュー件数順に子ども用スキーグローブの上位10件の価格を調べたところ、平均価格は7,694円でした。一番安いモノで2,999円、一番高いモノで13,860円でした。

子ども用スキーヘルメットおすすめ10選

スワンズ スキーヘルメットH-45R

SWANS(スワンズ)

SWANSの子ども用スキーヘルメットのエントリーモデル。頭部をしっかりガードします。ベルトサイズ調整可能、着脱式イヤーパッド付です。

カラー ブラック、ホワイト、メタリック
サイズ S(約500g)、M(約520g)、L(約530g)

小4の息子にホワイトのM。昨年までHEADのジュニアサイズ55.56を使用です。
HEADは海外仕様のため頭の横幅が狭くサイズアウトしましたが、こちらは日本仕様のためジャストフィットです。きちんと調節したら、余裕ありでした。
息子は頭のサイズが大きく、ジュニアから大人サイズへの移行期のため、今季のみ使用できればOKでしたが来季も大丈夫そう。SWANSのHPではRENTALの表記があったので、そういう意味では安価品だとは思いますが十分です。
購入後ガンメタの在庫が復活したのが残念で-☆です。が、息子はホワイトを気に入ってます。

出典:楽天市場みんなのレビュー

ジロ ヘルメット子ども用 GIRO 19-20 Launch

GIRO(ジロ)

簡単に着脱できる軽量モデルの子ども用スキーヘルメットです。

カラー ブラック、オレンジ、ピンク、イエロー、ライトブルー、ブルー
サイズ XS(48.5-52cm)、S(52-55.5cm)

VAXPOT(バックスポット) ヘルメット VA-3152

VAXPOT(バックスポット)

日本人の頭の形にあわせたフィット感で、頭をしっかりとホールドしてくれます。さらにサイズ調節も可能なので、装着感も快適です。

カラー ブラック、ブルー、ピンク
サイズ 51-56cm

子供たちにスキーやらせたくて買いました!去年使ったものは自転車用のでゴーグルをつけるのが大変でしたので、こちらを使わせて冬にスキーをするのが楽しみです!

出典:楽天市場みんなのレビュー

ALPINA アルピナスキーヘルメットCARAT 19-20

ALPINA(アルピナ)

軽量モデルで、装着感も良く安全性も高い子ども用スキーヘルメットです。

カラー ブラック、パープル、ブルー、ホワイト
サイズ 51-55cm、54-58cm

アルピナ子ども用スキーヘルメットCARAT SET DISNEY 19-20

ALPINA(アルピナ)

ALPINAの子ども用ヘルメット。ミッキーマウス・ミニーマウス・ドナルドダック・ラプンツェルの4デザイン。付属のスキーゴーグルは、曇り止めコーティングで曇りにくく、ヘルメットにもぴったりとフィットする形状になっています。

カラー ブルー、ホワイト、ピンク
サイズ 51-55cm

anon(アノン)スキーヘルメット

anon(アノン)

ヘルメットの後方から湿気を逃がす構造で、適度な保温性に加えて通気性に優れた子ども用スキーヘルメット。しっかりとホールドできるサイズ調整機能がついています。

カラー ブラック
サイズ S/Mサイズ:48-51cm、M/Lサイズ:52-55cm

SALOMON子ども用スキーヘルメットGROM VISOR 20-21

SALOMON( サロモン)

子どもに人気のかわいいデザインが豊富なGROMシリーズ。スキーをはじめたばかりの子どもにオススメです。
ゴーグルの締め付けがなく、快適にスキーを楽しむことが出来る。付属のインナーパットは取り外し可能で洗うことも出来るため、清潔な状態を保てます。

カラー オレンジ、ブラック、ピンク、ブルー、ライトブルー
サイズ S(49-53cm)、M(53-56cm)、L(56-59cm)

salomon子ども用スキーヘルメット

SALOMON( サロモン)

約320gの軽量モデルと、子どものために軽量化に特化したスキーヘルメット。子どもの成長に合わせてフィットを調整できるダイヤル式のサイズ調整機能付き。

カラー ブラック、ブルー、ピンク、カモフラージュ
サイズ S(49-53cm)、M(53-56cm)

しっかりしているヘルメット、後ろで調節もできて便利

出典:楽天市場みんなのレビュー

サロモン 子ども用スキーヘルメット

SALOMON( サロモン)

毎回ゴーグルを着脱する手間を省き、利便性と安全性を実現したスキーゴーグル付きモデルです。
ダイアル式のサイズ調整機能付きで、簡単にすばやくフィットを調整できます。

カラー ブラック、ブルー、ピンク
サイズ M(53-56cm)

とても気に入りました。
小2の子供が使うのに購入しましたが、ゴーグルのフィット感も良かったです。

出典:楽天市場みんなのレビュー

ロシニョール スキーヘルメットRKIH500

ROSSIGNOL(ロシニョール)

ロシニョールの子ども用スキーヘルメット。ゴーグルが付属しており、着脱の手間がないためとても便利です。後部に付属しているダイヤル式のサイズ調整機能があるため、しっかりと頭部をホールドしてくれます。

カラー ブラック
サイズ S/M(52-55cm)

商品の比較表

商品画像
商品名スワンズ スキーヘルメットH-45Rジロ ヘルメット子ども用 GIRO 19-20 LaunchVAXPOT(バックスポット) ヘルメット VA-3152ALPINA アルピナスキーヘルメットCARAT 19-20アルピナ子ども用スキーヘルメットCARAT SET DISNEY 19-20anon(アノン)スキーヘルメットSALOMON子ども用スキーヘルメットGROM VISOR 20-21salomon子ども用スキーヘルメットサロモン 子ども用スキーヘルメットロシニョール スキーヘルメットRKIH500
ブランド・メーカー名SWANS(スワンズ)GIRO(ジロ)VAXPOT(バックスポット)ALPINA(アルピナ)ALPINA(アルピナ)anon(アノン)SALOMON( サロモン)SALOMON( サロモン)SALOMON( サロモン)ROSSIGNOL(ロシニョール)
商品詳細SWANSの子ども用スキーヘルメットのエントリーモデル。頭部...簡単に着脱できる軽量モデルの子ども用スキーヘルメットです。日本人の頭の形にあわせたフィット感で、頭をしっかりとホールド...軽量モデルで、装着感も良く安全性も高い子ども用スキーヘルメッ...ALPINAの子ども用ヘルメット。ミッキーマウス・ミニーマウ...ヘルメットの後方から湿気を逃がす構造で、適度な保温性に加えて...子どもに人気のかわいいデザインが豊富なGROMシリーズ。スキ...約320gの軽量モデルと、子どものために軽量化に特化したスキ...毎回ゴーグルを着脱する手間を省き、利便性と安全性を実現したス...ロシニョールの子ども用スキーヘルメット。ゴーグルが付属してお...
カラーブラック、ホワイト、メタリックブラック、オレンジ、ピンク、イエロー、ライトブルー、ブルーブラック、ブルー、ピンクブラック、パープル、ブルー、ホワイトブルー、ホワイト、ピンクブラックオレンジ、ブラック、ピンク、ブルー、ライトブルーブラック、ブルー、ピンク、カモフラージュブラック、ブルー、ピンクブラック
サイズS(約500g)、M(約520g)、L(約530g)XS(48.5-52cm)、S(52-55.5cm)51-56cm51-55cm、54-58cm51-55cmS/Mサイズ:48-51cm、M/Lサイズ:52-55cmS(49-53cm)、M(53-56cm)、L(56-59cm)S(49-53cm)、M(53-56cm)M(53-56cm)S/M(52-55cm)
商品リンク

子ども用スキーヘルメット売れ筋ランキング

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでの子ども用スキーヘルメットの売れ筋ランキングはこちらから!

スキーヘルメットは自転車用ヘルメットで代用できる?

ヘルメットの構造の違い

自転車用のヘルメットは、風の抵抗などを考え前後に長さのある形が多いのに対し、スキー用ヘルメットは後頭部を覆うように丸い形をしているものが多いです。

防寒対策ができない

自転車用のヘルメットは通気口が大きいため、通気性が高いです。しかしこれはスキー場だとデメリットになってしまいます。
 
スキー用ヘルメットは保温性と通気性を両立しているモデルが多いですし、あたまだけでなく耳を保護するイヤーパッド付のモデルがあるスキー用ヘルメットが良いです。

自転車用ヘルメットにはゴーグル止めが付いていない

スキーヘルメットには後頭部にゴーグルのベルトを引っ掛けるホルダーがあります。これがないとゴーグルがズレてしまったり、飛んで行ってしまうことも…。
 
1日スキー場にいると、リフトに乗るときなどゴーグルの着脱の機会は多いです。「ゴーグル止めがあったからリフトからゴーグルを落とさずに済んだ」ということもあります。

小畑さん

小畑さん

自転車用やスケートボードなどさまざまなヘルメットがありますが、安全性や利便性を考えてスキー用のヘルメットを使いましょう。

スキーヘルメットのインナーキャップは必要?

ヘルメットの下に着用するインナーキャップは、保温性だけでなく吸汗性などが期待できます。また、いくら寒いスキー場とはいえ汗が出るため、ヘルメットをできるだけ清潔に保つためにもインナーキャップを着用する方もいます。

小畑さん

小畑さん

蒸れを逃がしたり汗を吸い取ったりする効果があるためインナーキャップはあると便利なアイテムです。

まとめ

スキーヘルメットの必要性をお伝えしましたが、欧米では60%の着用率のようですが、現在日本のスキー場での着用率は5%程度だと言われています。
どれだけお子さん自身が気をつけていても、後続からの追突などもありますから万が一のためにもヘルメットを着用してスキーを楽しんでくださいね!

今回取材にご協力いただいた企業

今回、取材にご協力いただいた小畑さんがスタッフをつとめる、伊那スキーリゾートの詳細は以下のリンクからご覧ください

コチラの記事も読まれています

子ども用スキーゴーグルの選び方を紹介!人気のメーカー別おすすめ10選
キッズ用スキーウェアおすすめ13選!人気メーカーを厳選

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

  • LINE

SUKU×SUKUの最新情報をお届けします

お気に入り
著者情報
SUKU×SUKU編集部

SUKU×SUKU編集部

習い事で活用するための最新アイテムやお役立ち情報の紹介、ママ・パパ・講師・コーチのみなさんが役立つ情報を配信しています。『育つ・育てるをつなぐメディア』をコンセプトとし、子ども・保護者・講師、みんなのきっかけを作るお手伝いをします!

よく読まれている記事

関連するキーワード