【3歳~5歳の子ども向け】脳を活性化させるプログラミングおもちゃおすすめモデル5選

2020年から小学校で必修科目となる「プログラミング」。「うちの子に早めにやらせたほうがいいかな?」と、子どもたちよりも不安を抱えていらっしゃる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、親子で楽しくかんたんにプログラミングの世界を体験できるおもちゃをご紹介。また、子どもの教育としてのプログラミングがどんなものなのか、親としてどのように応援してあげるべきなのかについても触れていきます。
それでは、気になる内容をチェックしていきましょう!

タカコママ タカコママ
お気に入りに追加
HOME > 【3歳~5歳の子ども向け】脳を活性化させるプログラミングおもちゃおすすめモデル5選

目次

子どもの教育としてのプログラミングとは?

プログラミング教育の目的は、子ども達がコンピューターに意図した処理を行うよう指示出来るということを体験することで、下記のような気付きや能力を身につける狙いがあります。

 

身近な生活でコンピューターが活用されていることに気付くこと

問題の解決には必要な手順があることに気付くこと

”プログラミング的思考”を身につけること

コンピューターの働きを自分の生活に生かそうとする態度を身につけること

子ども向けのプログラミングおもちゃ、おすすめ5選

Katamino Pocket(カタミノポケット)

いろいろな形のブロックを組み合わせて、 指定されたマス目を埋めていく思考型ゲームの”カタミノ”。

こちらは持ち運びにも便利なポケット版ですので、自宅だけでなく屋外にも持ち出しやすいです。プラスチックのカラーバリエーションがとてもスタイリッシュと話題になった新シリーズでもあります。
発想力だけでなく気力や精神力も鍛えられ、年齢やスキル問わず誰でも自分のレベルに合わせて遊ぶことができるアイテムで、近年では教育に適したツールとして世界中の教育者から注目されているゲームです。

 

<スペック>

対象年齢:8歳以上

サイズ:幅18.5×奥行10.5cm×高さ4cm

内容:プラスチック製ボード、プラスチック製駒(12個)、スライダー(1本)、ルールブック

 

アーテックブロック パーフェクトマスセット

プログラミング教材である”アーテックロボ”に使われている知育ブロックで、キューブ型という特徴から自然に数と形の考え方が身に付くようになっています。

上に積みあげていくことしかできない従来のブロックとは異なり、自由にブロックを繋げられる構造なので、大人はもちろん、小さな子どもは物事を立体的に捉えて再現する創作力を養うことができます。

国内3,500校以上の幼稚園・学校で導入され、国際的なおもちゃ賞も受賞するなど、国内外から高い評価を集めています。

 

<スペック>

対象年齢:3~10歳

内容:ブロック(280ピース)、遊び方説明書、テキストブック(算数問題40問)

プログラミングロボ Dash(ダッシュ)

遊びながらプログラミングの基礎を身につけられるように考えられたロボットで、スマートフォンやタブレットと連動させて遊べる商品です。

年齢に合わせた遊び方が出来るようになっているのが特徴で、アプリを使いこなしてダッシュくんを創造していくことで想像力や論理的思考を養えます。

 

<スペック>

内容:ダッシュ(Dash)くん本体×1、本体充電USBケーブル×1、LEGO(レゴ)取付アタッチメント×2、日本語取扱説明書×1

サイズ:奥行17cm×幅20cm×高さ16cm

重量:800g

推奨年齢:6歳以上

pechat(ぺチャット)

様々なぬいぐるみに合わせやすいボタン型スピーカーです。

スマートフォンに無料の専用アプリをダウンロードして連動させることで、ぬいぐるみを通して子どもと会話を楽しむことができます。

誤飲防止にも最適なサイズなので、0歳児から使用可能です。

 

<スペック>

対象年齢:0歳~

サイズ:直径4.5cm×奥行2.1cm

重量:20g

素材:[本体]ABS樹脂 [充電ケーブル]塩化ビニル樹脂、PBT樹脂

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

小さな子から大人まで楽しむことが出来るプログラミングの体験学習書で、スマートフォンやタブレットなどで簡単に行えるビスケット(Viscuit)を使用したものになります。

ビスケットとは、絵を描き遊びながらプログラミングするビジュアルプログラミング言語のことです。

 

<スペック>

著者:デジタルポケット(著)

出版社:翔泳社

発行年月:2017年03月

ページ数:139P

プログラミングを親としてどうやって応援してあげるか?

新しいことだからこそ、より楽しく、より近い目線で。

現在、親世代の方々でプログラミングには馴染みが薄いと感じる方は多いのではないでしょうか。これは、子どもたちと一緒にゼロからプログラミングについて学んでいける絶好の機会になります。

まずは、親子で楽しみながらプログラミングに触れていくことが良いサポートになるのではないでしょうか。

そのためには、楽しく触れられる環境づくりが欠かせません。そこで、今回ご紹介したようなおもちゃを取り入れてみることは大変おすすめです。

親子で、身近で未知なプログラミングの世界へ!

現在、私たちは様々な場面でコンピューターやプログラミングの働きの恩恵を受けています。例えば「炊飯器」や「自動販売機」など、意識せずとも日常生活でも身近な存在です。
今後こうした人とコンピューターの関係はさらなる進歩を遂げると予測されていますが、その基盤ともなるプログラミングを学ぶことは親にとっても有益であり、これからの時代、親子とも生活に必要な知識のひとつとなっていくことでしょう。

ユキママ

ユキママ

楽しいおもちゃなら、苦手意識を持たずに始められそう!
カズミママ

カズミママ

プログラミングって画面に文字を打ち込む むずかし~いモノのイメージだったけど、意外と身近なのね。

タカコママ

じつは、このSUKU×SUKUのサイトもプログラミングをつかって作られているんですよ!
タカコママ